スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
滝・塔・HTB
8月18日

むきゅが行きたいと言っていたつがね落としの滝に行ってみました。
そして、またナビに騙された感満載です…
すごい狭い道とかばかり行かされたっ!!
今回は嘘ではなかったからまだよかったけど。

そして、到着したものの結構車が停まっている。
ちゃんとした駐車場とかないから停めるのも大変;;



車を降りてまず橋を渡ります。
で、その先は洞窟です。
洞窟ひんやりしてて快適。

抜けた先はしばらく歩いて滝。



で、この人の数…

写真どころじゃなかったです;;
泳げるスポットになってるんですね…
これは夏終わってから来ないとだめですね。

仕方がないので自然の写真を撮って帰ってきました。







帰りは違う道から。
あんな細い道は通りたくありません。
で、帰り途中で川に出たので、タビ好キで前川さんたちが来た水が綺麗な川じゃないか!?と思って降りて見たけど…



水がないっ!!

昼食を食べ損ねていたので、大島の公園によってのんびりしながら昼食。
このまま帰るには早いなぁということで寄ってみたのが針尾無線塔
内部公開が開始されているということでしたので、案内の人がお盆休みしてなかったらいいねぇと言いながら言って見ました。
無事案内されてましたよ。



▲いちおうこんな感じで案内をされてます。

かんたんな説明の紙をもらい、さらに詳しく説明してくれます。
3本の塔が正三角形だとか、電波の送り方とかその方向とか、ニイタカヤマの名前の由来とかいろいろと知らなかったことを知れました。



▲では、これの内部にはいりまーす。
第3塔だったかな。



▲小道を登ると塔の入口が見えてきます。



▲すぐ近くから見ると大きすぎてただの三角になっちゃいます!



▲内部



▲内部にある機械。
奥に見えるのが直梯子。
ずーっとまっすぐに上に昇ってます。
電球を変える業者さんが昇った時は20分ぐらいかかったそうです。



DSC05208.jpg

▲見学した3塔のところから見える西海橋。
塔のすぐ裏から船で材料を上げたのらしいです。
その名残の階段が残っているらしいです。





▲外に説明とかまだ見れない電信室の内部とかの写真が紹介されてます。



▲電信室



▲一階の部分は昔安全の為に埋められてしまったのだそうです。
その名残の一階の屋根。



▲その一階部分の内部。
柵越しにしか見れませんが、前にいるだけでもめちゃくちゃ涼しいです。

DSC05231.jpg



▲現在は受付になっている建物は油庫なのだとか。
だから爆発しても上に炎が逃げるように天井はトタン屋根。





▲この基礎の部分にも建物がホントはあったらしいです。
で、その奥に見えるのが門。
なので、ここは受付みたいなところだったらしいです。

無料で案内などをボランティアでされているのですが、募金箱があったので少しですがしてきました。
徐々に案内できるところを増やすらしいので楽しみです。

その後、ハウステンボスに行きました。

スポンサーサイト
2013-08-27 20:00 | 日記 | Comment(2)
Comment
1本に見えると言う話は迷信!?
かめこ 2013/09/08(日) 22:15:04) 編集

≫かめこ
正三角形なら1本はならないね。
迷信かぁ
2本にはなるよ~
みやこ紫水 2013/09/10(火) 12:28:53) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。